2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:-- |  スポンサー広告|
なかなか出来ない断捨離。
2016.07.26 (Tue)
皆さま、お久しぶりです。この記事は以前書きかけていたものです。




ここ数日、私は色々と思い悩んでおりました。
知った仲の友人2人が(普通に言えば親友と言うのでしょうが私は余りこの言葉が好きではありません)最近色んな問題を抱えていて、それを自力で乗り越えようとしているのを見て自分自身を振り返っていました。振り返っていた、というより思い悩んでいた、と言った方が良いと思います。友人達の問題はここでは触れる事は遠慮させて戴きたいと思います。色々と考えて疲れてしまい、今日は余り考える事もなく過ごしました。「私の問題じゃないし。私は私のやり方があるし。」と。

そして今日も寝付けずにTVを観ていると、「稲垣えみこさん」が出演されておられました。稲垣さんは朝日新聞社の社員を今年辞めて、電気・ガスを必要最低限しか使わない生活をされています。その生活を送るきっかけになったのは原発事故だったそうです。

朝日新聞の記者ですから、収入に見合った生活をして買い物三昧。転機が訪れたのは香川支部に配属された時。あるお遍路さんとすれ違い、其の直ぐ後に涙が込み上げてきて泣いてしまったと。香川はお遍路さんのゴール地点で、その道中大変な事がある中色んな方に助けられたからこその笑顔を見て、物に依存する生活に疑問を持たれたそうです。物を持ったらそれがなくては生活が出来なくなる。それは縛られて生活している事だと思われたそうです。そんな中起きた東日本大地震。原発事故。稲垣さんは、物を持たない生活をすることを決意されました。

物が溢れかえった中で生活している私と真逆です。母が亡くなってから物に依存するようになりました。母の遺品のアクセサリーを父が勝手に父方の親族にあげてしまったこと。衣類も全て処分してしまったこと。書籍類も。母が亡くなる少し前に実家の私の部屋はアパートになったので、私の部屋はもうありません。その際私物は全て処分しました。短期間の間に失った物が多すぎて、私は物に依存するようになったのかも知れません。そんな私ですが、大学生の頃に読んだ雑誌の小説に登場する主人公のお祖母さまが銭湯に行った時、外国製の石けん一つで髪も顔も身体も洗うシーンがあり、「なんて粋なんだろう!」と感嘆したことがあります。影響を受けすぎて、母に、「私、トランク一つで世界中旅できる身軽なカッコいい女性になりたい!」と息巻いて話したのを思い出しました。

今は断捨離が出来ない私ですが自分で自分を責めることをやめて、物に依存しない生活が送れる日が来る事を願います。

たわいもない話を読んで下さって、ありがとうございます。

【記事編集】 01:55 |  戯言| トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。