2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
3年、経ちました。
2015.04.21 (Tue)


  皆さま、昨日は荒れた空模様になりましたが、お元気にお過ごしでしょうか?

  母が旅経ってから、3年強経ちました。
  5月10日に納骨が決まりました。
  とうとう、お墓に入ってしまいます。
  遠くに行ってしまう様な気持ちにもなりますが、マメに逢いに行きたいと思います。
  
  3年前は、突然亡くなってしまったショックから早く立ち直ろうと必死で、
  無我夢中に元気になろうと無理をした、おまぬけでした。
  早く元気にならなくちゃ。そればかり考えて居ました。

  母が亡くなって、僅か二日後。
  涙にくれていたところに、掛かってきた電話に出ると。

  「何してた?」

  「泣いてたよ。」

  「お母さんが、天国に行けなくなるから、
   泣いちゃ駄目なんだよ。」

  と言われ。

  49日に会った叔母には。

  「おまぬけ、もっとしっかりせんと。」 とも言われ。

  相続の事、家事、それまで通りにやっていたのに、
  これ以上、何をしろと?

  と思いながらも、

  「やっぱり、私はポンコツだから、もっと頑張らなきゃ駄目なんだ。」

  主治医にも、

  「自分を責めて責めて責め過ぎて、辛いです。」 と言うと、

  「あなたは、確かにお母さんに迷惑かけていたからね。」

  泣きっ面に蜂。 負けず嫌いな私は、

  「じゃあ、元気になってやる。」 と、母の死を哀しむ事をせずに、
  「早く立ち直るんだ。」 と、自分にはっぱをかけて過ごして居ました。

  そんな中、夫が対物事故を起こし、
  社長に、「懲戒免職にする!」 と言われ。

  私も頭を下げに行きましたが、事故の賠償金は半額支払えと。
  そうすれば、懲戒免職は勘弁してやる。

  そう、言われました。

  現状打破の為に、ヘルパーさんに来て貰おうとしたのですが、
  主治医には、無理だろう。と言われました。

  保健師さんが手続きをして下さり、その後ヘルパーさんは来てくれています。

  何回も、主治医を変えようと思いました。

  でも、父が問題なのです。

  父と母は、中学時代から私がこの病を発病する迄、別居状態でした。
  (母は、父と離婚したかったのです。 でも、私が「苗字が変わるといじめられるから別居にして。」
  と言ったそうです。 ショックだったのでしょうね、自分がそう言った事を全く覚えていません。
  その後、私は、親戚の人中に 「何故、お父さんはお母さんと離婚してくれなかったの?」 と
  聞いて周りましたが、皆、「お母さんに聞いてみて。」と言うのみ。 
  結局、母には聞けず仕舞いで、亡くなる数年前に母から事実を訊きました。)


  私が発病した時に、母は父に連絡して、父が我が家に乗り込んで来ました。

  普通の状態ではない私の上に馬乗りになり、顔をはたきまくられました。

  口の端は切れ、目の周りは痣だらけ。

  自宅から締め出され、友人宅で介護されました。

  (その友人は、私を今でも毛嫌いしています。 でも、あれだけの迷惑をかけたのだから、仕方ありません。)

  でも、友人とお母様は、「とても優しいお父様ね。」 と言っています。

  そうなんです、外面は完璧に好いのです。

  従姉妹が数日、自宅に泊まってもその間はずっと好い父親の演技が続きます。
  実際、従姉妹は父の事を好い人と思っていました。
  私が、数年前に父は酷い人間だと言っても、俄かには信じがたかったようで、
  「えー、泊りに行っても仲良かったじゃん。」 と。


  父の事については、一回では書ききれません。 

  「亡くなるのが逆だったら良かったのにね。」 と友人達は言います。

  「そんなに酷い父親が存在するなんて。」 とも言われます。

  でも、今迄の主治医達は、私の言葉も母の言葉も信じず、
  この父親の言う事だけを信じたのです。

  父親の本性を見抜いたのは、現在の主治医ともう一人の女医の方のみ。

  数ヶ月前にも、この父親に、

  「死んでしまえ! 死ねばいいんだ!」 と言われました。

  「お前は、自分が頭がいいのを自慢したいんだろう。  
   東北の震災の様な事が、東京で起きたら。 と仮説を立てられる位、
   自分が賢いと言いたいのか!」

  もう、どっちが頭がおかしいのか解らなくなります。
  この父親と話していると、訳が解りません。
  
  父親の血を引いているから、私はこの病になったのでしょうか。


  悪天候のせいでしょうか。戯言を徒然と書いてしまいました。

  改めて振り返ると、今がどんなに幸せで恵まれているのだろうと心から思います。
  父とは余り接触せずに済みますし。
  と言いながらも、連絡はちゃんとしていますよ。 仕方ない事だから。
  きっと母が天国から、上手く行く様に見守ってくれているのでしょう。

  周囲の人々に恵まれ、助けて戴いて、有難い事です。

  8年前に絶たれていたかも知れない命です。
  体力が続かなくても、文句を言ったらバチが当たります。

  「日にち薬よ。」 「一病息災よ。」

  生前、母が私に遺してくれた言葉です。

  お母さん、ありがとう。

  やっぱり、まだまだ寂しいけれど、
  一歩一歩、踏みしめて生きていくように。

  人より歩みは遅いけれど。

  天国から見守っていて下さい。






  

  

  
【記事編集】 07:05 |  戯言| トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック