2014年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:-- |  スポンサー広告|
今に至るまで。
2014.12.02 (Tue)

いつも漫才の様な、おまぬけ夫婦ですが。今に至るまで、色々ありました。

母が亡くなる前から、夫の携帯料金代は、私が支払って居ました。母が亡くなってもそれは続き、うつ気味で仕事も見つからない間の生活費も、私の貯金を切り崩して、やりくりして居ました。それなのに、夫は携帯ゲームにお金をつぎ込む。TVは、二台を同時につける。しかも二台共、ずっと付けっ放しで携帯ゲーム。その支払いは、全て私。

ある日、私は、もうやって行けないと思いました。「こんなTVがあるから、電気代がかかるんだ!壊れればいいんだ!」と、TVを壊そうとした私を、力づくで、押さえ込む夫。「もう、やって行けないよ。」と言う私に、「今まで、独身気分でいた。」と夫。

私は何も持たずに、雨の中、家を出て行きました。行く当てなんてない。実家には、母はもう居ない。母の倒れていたと言う駅の前の公園のベンチに座り、ずっと雨に濡れて居ました。もう、このまま凍えて、気を失ってしまえばいい。そう思いながら、ずっとボーッとして居ました。2時間程経ったでしょうか、時計も持っていなかったので解りませんが、身体が芯まで冷えてきて。仕方ない、帰ろう。と、降りしきる雨の中、マンションへ帰りました。心配した夫は、警察を呼んでいた様です。お巡りさんに諭され、部屋へと戻りました。

それから、少しづつ、夫は変わって来ました。

今も、もちろん、全てが上手く行っている訳ではありませんが、2人で日々を綴っています。


夫婦の歴史には、色々ありますね。


今日は、おまぬけの戯言にお付き合い下さって、ありがとうございました。

スポンサーサイト
【記事編集】 03:42 |  戯言| トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。