2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:-- |  スポンサー広告|
久々のデート♡
2014.10.20 (Mon)


皆様、前回の記事は重くてすみませんでした。

お詫び申し上げますm(__)m

さてさて、昨日は、ドライブ&ティータイムあーんど映画鑑賞して来ました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
デート♡うふ♡

そしてその観た映画は、こちら。

「るろうに剣心 伝説の最期」



もうね、良いのです~(*^_^*)

主役は、佐藤健くん。
その師匠は、福山雅治。
私の好きな、江口洋介も出演♡

いい男ぞろい。
うふ♡うふふ♡

って、ちげーよっ!

これはね、罪を犯した人。
罪の被害にあった人。
どちらも救われる思いのする映画では。

そして、強く生きねば!

と再確認させられる映画です。

さすが、興行成績第一位なだけありますね!

殺陣のシーンも、大迫力!

夫も、大満足でした(≧∇≦)

皆様も、終わってしまう前に、
映画館へ、レッツラGO~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ





スポンサーサイト
【記事編集】 15:11 |  映画| トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
話題の 「ROOKIES-卒業-」 観てきました!!
2009.06.22 (Mon)
先週の日曜日、話題の映画 「ROOKIES-卒業-」 を観てきました。
 
   「ROOKIES-卒業-」 オフィシャルホームページ
      

私も相方さんも、漫画の 「ROOKIES」 は、読んだことはないのですが。

TV放送が始まった時、私は単純に 市原隼人くん目当てで、
全く興味をしめさない相方さんに、「どーしても、見せて!!」 と頼み込んで
やっと、観させてもらえました。

が、はまってしまったのは、私ではなく、相方さん。
私は、観たい気持ちはいっぱいなのに、TV放送は数回(かなりの回数)、
始まる前や放送中に睡魔に勝てずに眠ってしまうことしばしば。
( ROOKIES ファンの方、 お許しを~)

そして、映画が公開されると、
「おまぬけ、観に行こうね!!!」 と気合が入っている相方さん。

「でも、公開してすぐだと混んでるからちょっと経ってから行こう。」 と言うことで
先週、行って来ました。 でも、ほぼ満席状態でした。

相方さんの隣の席には、高校生3人連れ。
私の隣の席には、家族連れのお父さん。

そして、映画が始まり、涙涙の感動シーン。
相方さんの隣の高校生も、私の隣のお父さんも、
鼻をズズズーッと号泣。 もちろん、私も相方さんも。

が、そんな時に!!!!!!!!

電源を切ったはずの相方さんの携帯が・・・・・・。

♪ジャカジャカジャ~ン
   仮面~に隠した~ ♪


と、大音量で鳴り出すではないですかっ!!!

必死に止めようとする相方さん。
私は、「あぁー、なんでこんな時に止まらないのよ~。」 と思いながら、
暗闇の中、携帯の電池を速効で必死に引き抜きました。

やっと止まった時には、1つ目の感動シーンは、過ぎ去っていました……。

後で相方さんが、私のお隣のお父さんから睨みつけられたと言っていましたが。
いや、私でも、多分睨みつけると思うよ。

でも、 「ROOKIES-卒業-」 は、見どころ満載なので十二分に楽しませてもらいました。


会場に居た皆さま、どうもすみませんでした。



だけどさ~、マット。
今の携帯に愛着があるのは分かるけどさ~。
機種変更しようよ~。
じゃないと、映画観にいく勇気ないよ~。私。


以上、まだまだ絶賛公開中の 「ROOKIES」。
ネタばれしないように書いてみました。

とにかく、観に行く時には、「ハンカチ」 or  「ティッシュ」 を
持って行った方が良いかと思われます。

          「備えあれば憂いなし」

あ、誰かさんに向けて言っているわけでは。。。。。。。。ある。


【記事編集】 01:19 |  映画| トラックバック:0 |  コメント:4 |  Top↑
マット???
2007.08.19 (Sun)
マット???
台所・トイレ・バス マット


違うんです。
 「あ~、艶肌・マット肌のマットね。」

いや、それも違います。
マット・ディロン と
マット・ディモン の
マットなんです。

相方の名前を、マットに変更した理由。
それは・・・。
マット・ディロンが、めっちゃ好きだから。
そして、若手では、マット・デイモンが好き。

マット・ディロンは、
『アウト・サイダー』を観てからもう虜です。
『ランブル・フィッシュ』・『フラミンゴ・キッド』・『ビック・タウン』・・・。

ちょっと悪い男をやらせたら、ピカイチの俳優でした。
「でした・・・。」と、過去形の訳は。。。

『メリーに首ったけ』を観て幻滅したから。(ごめん、マット)

しかーし!!!
一昨日、観たんです私。
『ワイルド・シングス』
ワイルドシングス エロティック・バージョン ワイルドシングス エロティック・バージョン
ケビン・ベーコン、マット・ディロン 他 (2007/05/30)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


(20歳以上の方なら、ご覧になってもそんなにエロくないです。エロティック・バージョンとはいえ、過激なシーンはありません。普通バージョンになると、お値段、少し上がります。)




ある高校の、指導カウンセラー役を彼がやっていました。

こんなインテリ、マットじゃあ、ない!
と、思ったのもつかの間、このストーリー 
どんでん返しに継ぐどんでん返しの繰り返し。

おもしろいんだなぁ、これが。

興味のある方、Amazon で、お手頃価格で購入できます。
って、私は廻し者か? いや、単純にお勧めしているだけです。
レンタルでもいい、観て欲しい。
そして、是非、英語でも聴いてみてください。

マット・ディロン と ケビン・ベーコン の
癖のある喋り方・低い声。声フェチさんも、要チェック!!

って、こりゃ、廻し者と思われても仕方ないですね。

この『ワイルド・シングス』と、『メリーに首ったけ』は、
同じ年に公開されていました。

調べてみたら、マット・ディロン と キャメロン・ディアスは
一時期、付き合っていたそうです。

やっぱ、やるな~。マット!!!



そして。マット・デイモンが好きなわけは・・・。
『グッドウィル・ハンティング』
グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~ グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~
ロビン・ウィリアムス、マット・デイモン 他 (2006/12/22)
松竹ホームビデオ
この商品の詳細を見る

の脚本を自ら書いた事、
ハーバード大学に在学していたというスマートさに加え、
やはり、「ワル」の香りのする感じが堪らなーい。のです。


そんなこんなで、相方の名前をマットに変更~。
いいんです、非難轟々でも。夢を魅させてください。




またまた、テンプレートの変更しました。
ブログ・ランキングとカウンターが、以前のものでは設置できませんでした。新しいテンプレート、なかなか気に入っております。









【記事編集】 19:24 |  映画| トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
西遊記!!!
2007.08.11 (Sat)



あーーー!!!

またやってしまった。2週間の更新遅れ。。。
そして、コメントのお返事も遅れてしまって、本当にごめんなさい。

新しいPCがやってきてくれて、嬉しかったのですが、
このノートパソコン、クリックしたくないって言うのに、

  「あっ、はいはい、クリックですね~!

    任しといてください!!!」     って、

勝手に、ホイホイ クリックしちゃうんですよ~。

一昨日も、コメントのお返事を書いている最中に、6回も、、、


   勝手に・・・クリーーーックッ!!!



もう、腹が立つやら、悔しいやら・・・。
だって、一生懸命に考えて書いたコメントが6回も消えちゃうんだもの・・・。結局、諦めてパソコンを閉じた私でした。。。










あ、そうでした、話は、記事のUPでしたね。


3週間くらい前でしたか、観てきました。


    「西遊記」。


ストーリーは、まだ観ていない方もいらっしゃると思うので、
あまり書きませんが・・・。


私が、心に残った台詞は・・・。

三蔵法師が言った言葉です。

「ただ、心臓が動いているだけでは、生きているとは言わないのです。

 父親が田畑を耕すように、赤子を母親が育てるように・・・。

 闘うことが、生きていることなのです。

 生きるということは、闘うことなのです。」


という言葉です。(少々の間違いは、記憶違いと思ってお許し下さい)






マイケル改め、マット(相方)は、

沙悟浄が言った、

  「心は心でしか返せねぇ。」 だったそうです。

 (相方らしいな、と思ったのでした。)


「どうせ、子供騙しの映画でしょ。」と思われている方、
観て損はないと思います。




相方の名前は、マットに変更します。知人の旦那さまと同じ名前だったので・・・。
ちなみに、マットは、マット・ディロンと、マット・デイモンから付けさせて戴きました。





【記事編集】 19:51 |  映画| トラックバック:0 |  コメント:2 |  Top↑
舞妓haaaaan!!!
2007.07.09 (Mon)
先週、観て来ました。クドカンの

    「舞妓haaaaan!!!」


感想、一言。

    めっちゃ おもろいや~ん


パンフレットにも書いてある通り、ジェトコースタームービーです。

現実離れしすぎてて、「ありえへんやんー」という考えなんて
これっぽっちも浮かばず、ただただ笑えます。

とはいえ、さすがクドカン。押さえるところは押さえてて、
しんみり・・・な場面もあり。

普通の人では分からない、「花町」の事がよくわかります。

詳しい話をしてしまうと観る楽しみが無くなってしまうので、
それは避けたいのですが・・・。

突然、ミュージカルになっちゃうところなんか、
エンターテイメントです。

阿部サダヲさんの演技が光ってます。
どうしてあんな動きができるのっ???!!!

久々に、笑いっぱなしの邦画をみました。
クドカンは、やっぱり只者ではない。
おばさんにもかかわらず、
「池袋ウエスト・ゲート・パーク」、「木更津キャッツアイ」に
ベタ惚れしている私は、はまってしまいました。

クドカンの作品を一回も観ていない方でも、楽しめると思います。
客席に、お見受けした所 高齢のカップルの方もいらっしゃいました。


松本人志監督の「大日本人」も笑えました。(数週間前に、鑑賞。)
社会批判的要素を持っていて、「何回も観たいな。」
と思わせてくれるものでしたが、
「舞妓haaaaan!!!」も、何回も観たいと思いました。


  「若い人向けでしょー。」と、食わず嫌いせずに観て損はないです。
 
随所に個性派俳優さんがでてきて、
ちなみに、あの 植木等 さんの遺作にもなったそうです。

観ないと、損しまっせ~。




   邦画が、熱い!!!!!!!!






影響され易いので、所々、関西弁になりました。。。




【記事編集】 18:52 |  映画| トラックバック:0 |  コメント:4 |  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。